損益分岐点超入門

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆ 損益分岐点 超入門

<Break-even point chart>
 損益分岐点分析について、書籍やWebをいろいろ調べました。初心者向けの解説がなかったので、自分の著作から転載しました。少し変えています。

▽ 損益分岐点分析をしっかり理解する

 損益分岐点分析は、公式を見ると、引き算・足し算・割り算なので簡単そうです。しかし、なぜ、そういう式になるかが理解しにくいです。

 私は、数十年前の簿記検定で勉強した際は公式を丸暗記しました。その後、簿記を教える立場になり、わかりやすい方法を探して試行錯誤しました。

 そこで、シンプルなビジネスモデルを想定し、日常生活から想像しやすい商品の1個あたりの費用や販売価格から考えると、分析の考え方が理解しやすいと気が付きました。

 ここでは、社内や地域でのイベントで出店を出して、商品を販売するケースを考えてみましょう。責任者はあなた、仲間内での参加なので人件費はゼロとし、コストは仕入れコストと出店の場所代のみとします。

 あなたに質問です。

 自分自身で考えないと身につかないので、次の質問を順に考えていきましょう。

・何個売ったら、採算がとれるの?
・打ち上げの代金のために12,000円の利益が欲しいけど、何個売ればいい?
・もし継続して商売するなら、安全性は?

1. 最初に計算や計画しておいた方がいい

 何も計画せずに商売を行うと、後から集計したら大赤字になることがあります。こうなると、責任者のあなたの立場がありません。売れ残りそうで、見切り販売が必要になっても価格を決定する目安がないと困ります。
 損益分岐点分析では、何個売れたら採算がとれ、最低いくら以上で売ったら利益になると、あらかじめ計算しておきます。それを元に、採算ライン以上や利益がでる販売計画を立てます。

2. コストを2つに分けて計算する

 出店では、商品を300円/個で仕入れるとし、出店の場所代が10,000円かかるとします。他のコストは考えません。
 損益分岐点分析では、すべてのコストを売上に比例するコスト(変動費)と売上に関係なく一定額かかるコスト(固定費)に分けて考えます。ここでは、1個あたりの変動費は300円、固定費は10,000円です。

3. 売上に比例する儲けから採算ラインを求める

 採算ラインを計算してみましょう。計算の条件は次の通りです。


▲1個あたりの販売価格 400円
 仕入原価(変動費)300円
 商品を300円/個で仕入れていますので、1個あたりの儲けは400円-300円=100円です。

 
▲場所代(固定費)10,000円

 すると、採算ラインはどうなりますか。

(1) 売上と経費の比較
 採算の計算では、収入の売上と支出の経費を比較しがちです。この方法は、次のように考えます。

採算 →    売 上  =  経 費
販売価格✕販売量=仕入価格✕販売量+場所代
400円 ✕販売量=300円 ✕ 販売量+10,000円

 これだと、直感的には計算するのが難しくないでしょうか。

 方程式の要領で右辺の「300円✕販売量」を左辺に移項して解くこともできます。
400円✕販売量-300円 ✕ 販売量=10,000円
(400円-300円)✕ 販売量=10,000円
 考え方としては、次の (2) の方がわかりやすいと思います。

(2) 1個あたりの儲けをベースにする
 そこで、1個あたりの儲けをベースに考えると、次のように計算します。

採算 →1個あたりの儲け✕販売量=場所代
      100円   ✕販売量=10,000円

 これなら考えなくても、10,000円/100円 の販売量100個が採算ラインです。

 商品を売った稼ぎが、場所代と同じになると利益ゼロになります。
 この稼ぎは、1個あたりの儲け ✕ 販売数量です。
 つまり、場所代10,000円を1個あたりの儲け100円で割った100個が採算ライン(損益分岐点)です。100個を超えて売れば、利益になります。
 1個あたりの儲けのことを「限界利益」といい、重要な用語です。


▲損益分岐点の収益構造

Tips. 採算は限界利益と固定費を比較せよ!
 収入である売上と支出である費用を直感的に比較する人がいます。このような資金繰りは重要ですが、それだけにとらわれると決算したら赤字ということもあります。
 採算について考えるには、出店の例で計算したように「売上と費用」の比較ではなく、「限界利益と固定費」の比較で考えるのがコツです。

4. 12,000円の利益にはどれだけ売ればいい?

 出店で利益を出すことを考えてみましょう。
 利益12,000円には、利益ゼロの状態から上乗せで12,000円を稼ぐことが必要です。これを式にすると、次のようになります。

採算 →1個あたりの儲け✕販売量=場所代
利益 →1個あたりの儲け✕販売量=場所代 + 利益
      100円   ✕販売量=10,000円+12,000円

 つまり、(利益12,000円+場所代10,000円)/100円=220個売れば、利益12,000円です。220個が「目標利益達成に必要な売上」です。


▲利益12,000円の損益分岐点の収益構造

Tips. 利益は固定費を超えた限界利益!
 最初は、稼いだ限界利益で固定費を回収します。これを回収しきって利益がゼロ、これを超えて稼いだ分が利益であると損益分岐点分析では考えます。
 目標利益を稼ぐには、この利益と固定費の合計分だけ、限界利益で稼げばいいことになります。

5. 継続して商売するときの安全性は?

 出店を継続して商売をすることを考えてみましょう。
 販売価格とコストは同じ1個あたりの販売価格400円、仕入原価300円、場所代 10,000円として、150個売れている状態はどのくらい安全でしょうか?

 安全性には計算方法が2つあります。
(1) 損益分岐点比率
 損益分岐点比率は、売上を100%として損益分岐点がどのくらいの水準になるかを求めます。出店では損益分岐点100個、売上150個ですので、損益分岐点比率(損益分岐点/売上)が100/150=66.7%です。言いかえると、現在の売上を基準にして売上が66.7%に下がっても利益がゼロです。値が小さいほど安全です。
 なお、この比率は「損益分岐点率」ともいいます。

(2) 安全余裕率
 安全余裕率は、売上が損益分岐点になるまでにどのくらいの余裕があるかを求めます。出店では損益分岐点100個、売上150個ですので、安全余裕率は「(売上-損益分岐点)/売上」であり、(150-100)/150=33.3%です。言いかえると、現在の売上を基準にして売上が33.3%下がっても利益がゼロです。値が大きいほど余裕があって安全です。

 この2つの率は、どちらも売上を100%として損益分岐点の割合が損益分岐点比率、「売上-損益分岐点」の割合が安全余裕率です。2つの比率を合計すると100%になります。
 紛らわしいので覚え方を紹介します。
2つとも「売上が分母」
「損益分岐点比率」は損益分岐点の割合なので「損益分岐点」が分子
「安全余裕率」は安全余裕の割合なので損益分岐点から離れている程度である「売上高-損益分岐点」が分子


▲150個の損益分岐点比率と安全余裕率

6. 売上高を基準にして計算するには

 損益分岐点分析では売上高と販売量のどちらかを基準にします。出店の例のように販売量を基準にするには、商品や製品1単位あたりの金額を使って次のように計算します。
・商品1個あたりの価格400円、変動費300円ならば
・限界利益は100円/個
・固定費が10,000円ならば、損益分岐点は100個( 10,000/100 )

 売上高を基準にするには、売上高で割って1円あたりの金額である「率」を使って計算します。次のSec3以降は、売上高を基準にして計算します。
・商品1個あたりの価格400円、変動費300円ならば
・変動費率は 300円/400円=0.75 … 売上高1円あたりの変動費
・限界利益率は1円-0.75円=0.25… 売上高1円あたりの限界利益
・固定費が10,000円ならば、
・損益分岐点は 10,000円/0.25=40,000円

◇ 損益分岐点について
 損益分岐点分析のページを整理しました。
 損益分岐点まとめ 単価と数量からの損益分岐点
 損益分岐点グラフ 損益分岐点超入門

◇ まだある会計のテクニック

 他にも、 会計についての新しいテクニックを開発しています。
 財務3表シミュレータ 財務3表グラフ キャッシュフロー計算書
 損益分岐点まとめ 単価と数量からの損益分岐点
 損益分岐点グラフ 損益分岐点超入門  内訳付き貸借対照表(バランスシート)グラフ

▼「損益分岐点」検索結果


    ページの先頭に戻る

詳細情報ページ


    トップページに戻る
    超簡単ページに戻る

    1. たった26秒で作る Excel 超簡単 滝グラフ エクセル
    2. クリックして1秒で作る Excel ヒストグラム エクセル
    3. たった26秒で作る Excel 超簡単 パレート図 エクセル
    4. たった26秒で作る Excel 超簡単 ABC分析グラフ エクセル
    5-1. 30秒で 損益分岐点グラフを作る エクセル Excel
    5-2. 損益分岐点分析をスッキリ理解する
    6. 10秒で 財務3表グラフを作る エクセル Excel
    7. 財務3表を動かして完全理解 エクセル Excel
    8. キャッシュフロー 計算書をスッキリ理解する
    9. 日付と項目名を自動表示するガントチャート
    10. 15秒で作る ラベル付き 色分け 散布図・バブルチャート
    11. 1秒でグラフを作る エクセル Excel

損益分岐点超入門」への1件のフィードバック

  1. Definitely believe that which you said. Your favorite reason appeared to be on the net the simplest thing to be aware of. I say to you, I certainly get annoyed while people consider worries that they plainly don’t know about. You managed to hit the nail upon the top as well as defined out the whole thing without having side-effects , people could take a signal. Will probably be back to get more. Thanks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。